「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」著:花田菜々子【書評】

書影
広告

こんにちは!
フリーライターの池野花です。

今回読んだ「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」という本を買った理由は、装丁の明るい配色に目がいったこと、「出会い系の人たち」に「本をすすめる」というギャップが気になったことでした。

翌日がお休みだったので、なにげなく読み始めたら、先の読めない展開に引き込まれて、あっという間に全部読み切ってしまいました。

どんな内容なの?

著者の実体験を、書きつづったエッセイです。
あらすじは、こんな感じ。


「ヴィレッジヴァンガード」の店長をしていた花田さん(著者)は、夫と別居することになり、ふと気づきます。
仕事場以外に友達がいないし、休日は夫と過ごしてきたのに、これから何をすればいいんだろう・・・。

そして、「X」という出会い系サイトの存在を知ることになります。
「X」の使用用途は男女の出会いだけに限定はされておらず、「見知らぬ人同士が30分だけ会って話す」という仕組み。

ユーザーが自分の空いている時間を登録しておくと、その人に興味をもった人が連絡をしてきます。
この仕組みを知り、「プロフィールで興味を引くことが重要だ!」と考えた花田さんは、プロフィールにこう書きます。

[aside type=”boader”] 変わった本屋の店長をしています。1万冊を超える膨大な記憶データの中から、今のあなたにぴったりな本を1冊選んでおすすめさせていただきます。[/aside]

こうして始まった、「X」で出会った見知らぬ人に会うという生活。

花田さんはいろんな人と出会います。

・あからさまに男女の出会い目的の人
・手品を延々と披露する人
・Xで変な人と出会わないためのプロフィールの書き方を教えてくれる人
・初対面なのに、朝まで飲み明かすほど気が合う人
・起業を目指している大学生
・妄想小説を送ってくる人
・花田さんがオススメする本をことごとく読んだことのある人

多くの出会いを重ねながら、花田さんはRPGの主人公のように着実にパワフルになり、いつしかその活動は、Xの外に飛び出していきます。


こんな風に、ストーリー自体も面白いのですが、花田さんの「心情を的確に描写する文章」がこの本の一番の魅力です。

[aside type=”boader”]それぞれの人生のダイジェストを30分で聞いて、こちらの人生のダイジェストを30分で伝える。限られた時間の中でどこまで深く潜れるかにチャレンジするのは楽しかった。ロープをたぐってするすると降りていって、湖の底に素潜りして一瞬握手して、また浮上してくるような時間には、特別の輝きがあった。[/aside]

文字を追うだけで、そのときの心情が伝わってくる文章だと思いました。

本の中には、実際に出会った人の印象や会話の内容、花田さんの心情などが細かく書かれています。
そして、実際にオススメした本が全部で40冊ほど紹介されているので、書評本としての面白さもあります。
(紹介されていた本、3冊買ってしまいました。また積読本が増えてしまうかも・・・汗)

まとめ

フリーライターである私がしている「取材」は初めて会った方に話を聞き、限られた時間の中で、その人の魅力や軸を感じ取る仕事です。
そういう意味では、「X」での見知らぬ人との出会いと共通点があるのかなと思いました。

これまで企業の経営者や会社員の方へのインタビューが多かったですが、最近伝統工芸の職人さんの取材をしてから、個人の生きざまに切り込むような取材・ライティングをしたいなと思うようになりました。

私自身も、自分のしたいことに飛び込んでいこうとしているときなので、「X」の中で成長をしていく花田さんの姿にとても共感しました。

余談ですが、著者の花田菜々子さんの勤務先がプロフィールに書かれていたので、お邪魔してみたいなと思っています。
(何をしているかはネタバレになってしまうので、気になる方は読んでみてくださいね)

広告

この記事を書いた人

池野 花

池野 花

●2019年2月、田園都市線の池尻大橋駅近くに本屋をオープンしました。
●ライター歴は会社員時代と合わせて10年ほど。2017年7月からフリーランスのライターになりました。
企業や人物を取材してインタビュー記事を書いたり、集客のためにSEOを意識したコンテンツマーケティングの記事を書いています。
●日韓ハーフ(父:韓国 母:日本)で翻訳勉強中