カレー大學の授業を受けてきました!

広告

こんばんは!
カレー好きが高じて、先日「カレー大學」に行ってきた池野花です。

1日のみの通学講座でしたが、結論からいうとカレーに関する知識が増え、もっともっとカレーを知りたくなりました。
カレー好きの人にはオススメです!

参加者は、私を含めて8名。
なんと、そのうち6名は食品系の会社にお勤めの方たちでした。
趣味・嗜好で参加した人は、私ともう一人だけでしたが、今回はめずらしいケースだったそうです。
普段はカレーマニアが集結したり、地方から来られる場合もあるのだとか。

興味深いことはたくさんあったのですが、とくに印象に残っているのは以下3点です。

・日本でカレーが国民食になったのは、軍隊と学校での給食がキッカケ
・レトルトカレーがとんでもなく進化していて、種類が豊富
・カレーの食べ歩きは、自分の好みのカレーに絞って攻めていくといい

この教えに従って、最近は外食するときはほぼほぼカレーを食べてます。
(ご飯は少なめにしないと、さらなる体重増加が心配です、笑)

また、カレー大學ではインド研修をやっているそうで、機会があったらぜひ行ってみたいです。
インドは個人旅行で行くと治安などが少し不安なので、団体旅行だと安心かなぁと思いまして。

カレーばっかり食べているネタは、おいおい書いていきます。

広告

この記事を書いた人

池野 花

池野 花

人材系企業で求人広告の取材・ライティング、SEOコンサルティング会社で大手企業のオウンドメディアのコンサル・ライティングを経験。自分の取材好きを実感し、新たな出会いや経験を求めて独立。
知的好奇心をくすぐられる人を取材して、心揺さぶられたことを言葉にするのが特技。誰かの想いがうまく伝わらないときに、自分が言葉を翻訳して意思疎通ができたときに達成感を覚える。ライター業の傍ら、本好きが高じて「言葉」をテーマにした本屋カフネブックスを渋谷の隣り池尻大橋駅にオープン。「誰もが専門家」をビジョンに、自分が興味をもった専門家を招いて公開取材するイベントを開催している。