開放感あふれる「自由が丘バーガー」で食べるハンバーガーは休日の味がした!

広告

こんにちは!
あと2日で韓国の釜山に旅行に行くので、いそいそ準備をし始めた池野花です。

今日は、打ち合わせの帰りに「自由が丘バーガー」というお店に行ってきました!

室内はお客さんが多かったので写真をとれなかったのですが、バルコニーがあるお店で
日差しがしっかりあるので、太陽の光がまぶしすぎることもなく、そよ風が入ってきて心地いい空間です。

仕事の合間に寄ったのに、一緒に行った人たちは「土日のようなリラックス感だ~」と言ってました。

注文したのは、「チーズベーコンエッグバーガー」

バンズが厚めで、さらに厚みのあるベーコンに目玉焼き、トマトと玉ねぎのスライス、レタスとボリューミーでした!
切りやすいナイフとフォークも出てくるので、ご安心を。
そして、添えてあるポテトが、今まで食べた中で一番おいしいポテトだったかも・・・!
サツマイモのように、少しねっとりとした食感で甘みが強く、おいしかったです。

飲み物は、「オーガニックコーラ」

お味は、駄菓子屋さんにあったコーラの粉をといたような、懐かしい味がしました。
オーガニックで予想していた味とは違いましたが、子供心をくすぐられるような味でした。

居心地のよいお店だったので、自由が丘に行く機会があったら、また行ってみたいです。

広告

この記事を書いた人

池野 花

池野 花

人材系企業で求人広告の取材・ライティング、SEOコンサルティング会社で大手企業のオウンドメディアのコンサル・ライティングを経験。自分の取材好きを実感し、新たな出会いや経験を求めて独立。
知的好奇心をくすぐられる人を取材して、心揺さぶられたことを言葉にするのが特技。誰かの想いがうまく伝わらないときに、自分が言葉を翻訳して意思疎通ができたときに達成感を覚える。ライター業の傍ら、本好きが高じて「言葉」をテーマにした本屋カフネブックスを渋谷の隣り池尻大橋駅にオープン。「誰もが専門家」をビジョンに、自分が興味をもった専門家を招いて公開取材するイベントを開催している。