【2018年2月】韓国ドラマ視聴記録と私的オススメのランキング

韓国ドラマランキング
広告

こんにちは。
日韓ハーフで、常に何かしらの韓国ドラマを観ている、池野 花です。

あなたは韓国ドラマが好きですか?
韓国ドラマを見始めるとき、何を選ぼうか悩んだことはありませんか?

私は韓国ドラマが好きで、ちょこちょこ観ているのですが、ひとつのドラマを見終わると次に何を観ようかといつも悩みます。
韓国ドラマは短くても16話、長いと100話以上になることもあるので、なるべくなら面白い作品から見ていきたいですよね。

というわけで、作品選びの参考になればと思い、今まで見た韓国ドラマの履歴を、私が好きな順に並べてみました!
自分自身の備忘録もかねているので、新しいドラマを観たら随時追加していこうと思います。

私的韓国ドラマランキング 星5つ★★★★★(ものすごくハマった)

(●年)は韓国で放送が終了した年を入れています。

  1. 君の声が聞こえる(2013年)
  2. キルミー・ヒールミー(2015年)
  3. 六龍が飛ぶ(2016年)
  4. ナイン(2013年)
  5. トキメキ☆ソンギュンカンスキャンダル(2010年)
  6. コーヒープリンス1号店(2007年)
  7. トンイ(2010年)
  8. 家族なのにどうして(2015年)
  9. 宮(2006年)
  10. 大丈夫、愛だ(2014年)

私的韓国ドラマランキング 星4つ★★★★☆(けっこうハマった)

  1. 主君の太陽(2013年)
  2. W(2016年)
  3. 美男ですね(2009年)
  4. ヒーラー(2015年)
  5. 太陽を抱く月(2012年)
  6. シティ・ハンターINソウル(2011年)
  7. 奇皇后(2014年)
  8. 匂いを見る少女(2015年)
  9. ピノキオ(2015年)
  10. 屋根部屋のプリンス(2012年)
  11. いとしのソヨン(2013年)
  12. ドリームハイ(2011年)
  13. 恋はチーズ・イン・ザ・トラップ(2016年)
  14. 雲が描いた月明かり(2016年)
  15. ポンダンポンダン 王様の恋(2015年)
  16. ビッグ(2012年)
  17. ずる賢いバツイチの恋(2014年)
  18. ああ、私の幽霊さま(2015年)
  19. シークレット・ガーデン(2011年)
  20. 私の名前はキム・サムスン(2005年)
  21. 最高の愛(2011年)
  22. 麗(2016年)

私的韓国ドラマランキング 星3つ★★★☆☆(面白かった)

  1. イニョン王妃の男(2012年)
  2. 2度目のニ十歳(2015年)
  3. イ・サン(2008年)
  4. 魔女の恋愛(2014年)
  5. 星から来たあなた(2014年)
  6. 華麗なる遺産(2009年)
  7. 相続者たち(2013年)
  8. 王女の男(2011年)
  9. 個人の趣向(2010年)
  10. 会いたい(2013年)
  11. プロデュ―サー(2015年)
  12. 百年の花嫁(2014年)
  13. 上流社会(2015年)
  14. TWO WEEKS(2013年)
  15. 太陽の末裔(2016年)
  16. 冬のソナタ(2002年)
  17. ホテリアー(2001年)
  18. ロマンスが必要3(2014年)
  19. ロマンスが必要2(2012年)
  20. ロマンスが必要(2011年)
  21. 運命のように君を愛してる(2014年)
  22. 天国の階段(2004年)
  23. ジキルとハイドに恋した私(2015年)
  24. オールイン(2003年)
  25. パスタ(2012年)
  26. モダン・ファーマー(2014年)

私的韓国ドラマランキング 星2つ★★☆☆☆(なんとか見終えた)

  1. 優しい男(2012年)
  2. 僕らのイケメン青果店(2012年)
  3. 花より男子(2009年)
  4. ゴハンに行こうよ♡(2014年)
  5. マイプリンセス(2011年)
  6. 春のワルツ(2006年)
  7. 秋の童話(2000年)
  8. 悲しき恋歌(2005年)
  9. 彼女はきれいだった(2015年)

個別のドラマの感想は、おいおい書いていこうと思います!

広告

この記事を書いた人

池野 花

池野 花

●2019年2月、田園都市線の池尻大橋駅近くに本屋をオープンしました。
●ライター歴は会社員時代と合わせて10年ほど。2017年7月からフリーランスのライターになりました。
企業や人物を取材してインタビュー記事を書いたり、集客のためにSEOを意識したコンテンツマーケティングの記事を書いています。
●日韓ハーフ(父:韓国 母:日本)で翻訳勉強中