韓国語話せる?辛い物得意?日韓ハーフが聞かれる8の質問

日韓パスポート
広告

こんにちは!
父が韓国人、母が日本人の日韓ハーフ、池野花です。
日韓ハーフと言いながら、ブログで日韓ハーフネタを書くのは初めてです。

日韓ハーフが聞かれる8の質問

初めて会う方に、日韓ハーフだと話すと、よく聞かれる質問&答えをまとめてみました!

まず、質問の一覧がこちらです。

  1. 日本と韓国、国籍はどっち?
  2. 韓国語は話せる?
  3. 父と母はどう出会ったのか?
  4. 名前は韓国名と日本名があるの?
  5. 家庭の料理は、韓国風?日本風?
  6. 辛い料理には強い?
  7. 韓国ならではの行事(旧正月など)はしている?
  8. 日本と韓国のドラマはどちらをよく見る?

国籍は、日本と韓国のどっち?

今の国籍は日本ですが、結婚前までは韓国籍でした。

ちなみに、ハーフの場合、父親と母親が国籍が違いますよね。
すると、いわゆる「二重国籍」になり、22歳までにどちらかの国籍を選択することになります。

しかし、うちの場合は父(韓国人)が、私たち姉妹が幼いころに韓国籍を選んだため(汗)、韓国籍でした。
父親が子供たちを韓国籍にしたのには、いろいろな想いがあったようです。
韓国は民族意識の強い国なので、父は「自分の子供は韓国人だ」という想いが強かったこと、元々は留学生として日本に来た父は、いずれ家族を連れて韓国に帰るつもりだったようです。
父は私が15のときに亡くなったので、夢果たせずでしたが・・・

というわけで、30歳過ぎまで韓国籍で生活してきましたが、永住資格はありましたし、参政権がないこと以外は日常的に大きな支障はありませんでした。
そして、結婚を機に「帰化(きか)」して日本国籍に変更しました。
本来は成人して自分で国籍を選びたかったですが(汗)、その場合も日本国籍を選んでいたと思います。

自分の中では、帰化したから生粋の日本人になったという感覚はなく、「韓国系日本人」という括りがしっくりくるかなと思っています。

韓国語は話せる?

今は、韓国に旅行などで行ったときに支障がないくらいは話せます。
でも、本格的に韓国語を習い始めたのは2年ほど前なので、それまでは挨拶と文字を読むことしかできませんでした。

というのも、我が家の場合、父親は留学生だったので日本語がペラペラ、母親は日本人なので、家庭での会話は日本語だったからです。

ただ、日本で生まれ育った韓国人(在日の方など)を対象とした文字の読み書きや簡単な会話を教えてくれる講座に、父の命で参加していたので、挨拶や文字などは勉強しました。

また、小学校低学年のときは姉と二人、韓国の親戚(おばあちゃんや父の兄弟)の家などに1ヶ月くらい遊びに行っていました。
そのため、身の回りにあるもの(靴、服など)や、朝晩の挨拶(おはようございます、おやすみなさい)、子供同士がよく話す言葉(遊びに行こう!お菓子食べる?など)は、そのとき自然に身につきました。

それにしても、小学校1年生と2年生の子供ふたりを1ヶ月韓国に送り込む、って今思うと荒行ですよね(笑)
ただ、このときに韓国のいとこ達とよく遊んだので、今でも韓国に行くときは一緒にご飯を食べるような付き合いが続けられています。

父と母はどう出会ったのか?

父は留学生で東京のパチンコ屋さんでバイトをしていたそうです。
(パチンコ屋さんって、韓国人の経営者が多いですよね)
母は九州出身で、友達と東京に観光で遊びに来たそうです。そのとき、地元にはないパチンコ屋さんに行ってみようという話になったんだとか。
そこが父のアルバイトしていたパチンコ屋でした。
そして、父が母に一目ぼれをして、熱心に口説いたそうです(笑)

当時、父からもらったラブレターには、「ま」などに濁点がついていた、と母がこっそり教えてくれました。
母がふらっとパチンコ屋に入っていなかったら、私はこの世に存在しなかったかと思うと不思議な気分です。

しかし、国際結婚に母の父(おじいちゃん)は大反対。
母は勘当されてしまい2年ほどは音信不通になってしまったそうですが、姉が産まれた後に和解しました。

名前は韓国名と日本名があるの?

韓国籍のときは、名前も韓国名でした。
父親は韓国人によくいる「金」さんで、私の下の名前は、思いっきり韓国っぽい名前でした。

ただ、思春期になってくると、名前のせいで注目を浴びることがイヤになった時期があり、日本名を名乗るようになりました。
日本名を名乗るには、役所に通称名の届け出をすればOKです。
(ちなみに、本名と違う名前を通称として名乗ることは、外国籍でなくても日本の人でもできます)

そして、日本国籍に変更した際に、日本名を本名にしました。
そのため、私の韓国名は今では使う機会がありません。(実家の家族は韓国名で私のことを呼ぶくらい)
ちょっと寂しい気がしますが。

家庭の料理は、韓国風?日本風?

これは母が努力していたと思うのですが、家の料理は半分くらい韓国料理でした。
毎晩、味噌汁かチゲのどちらかが食卓に出てきますし、キムチは冷蔵庫に常備されてました。
今のように、レシピを簡単に検索したりできなかった時代なので、母の努力はすごいなと思います。

辛い料理には強い?

自覚はあんまりしていないのですが、弱くはないです。
韓国に行っても、たいていのものは食べられるので、おそらく強いほうなのだと思います。

韓国ならではの行事(旧正月など)はしている?

父がいた頃は、旧正月などのお祝いはしていました。
父は20年くらい前に亡くなってしまったので、その後は日本の一般的な家庭と同じだと思います。

また、韓国の親戚のところに行くときは、お墓参りなどはしていますので、そのときは韓国式です。

日本と韓国のドラマはどちらをよく見る?

どちらも観ますが、今は韓国語を勉強中ということもあり、やや韓国ドラマが多めです。
日本のドラマも、気になるドラマは第一話を予約しておき、面白ければもちろん見ます。
今クールは、韓国ドラマが原作の「シグナル」と、「あなたには帰る家がある」を見てました。

というわけで、日韓ハーフがよく聞かれる8つの質問について書いてみました。

思春期の頃はいろいろと思うところもありましたが、今となっては日本と韓国ふたつの国のルーツがあることで、多様性をもてたのかなと思っています。

現在は、韓国語の勉強は中級レベルです。

翻訳の勉強もしています。

私のプロフィールはこちらにくわしく書きました。

広告

この記事を書いた人

池野 花

池野 花

●2019年2月、田園都市線の池尻大橋駅近くに本屋開業を目指して準備中。ライター兼本屋さんになります。
●2017年7月からフリーランスのライターになりました。
(ライター歴は会社員時代と合わせて10年ほど)
企業や人物を取材してインタビュー記事を書いたり、集客のためにSEOを意識したコンテンツマーケティングの記事を書いています。
●日韓ハーフ(父:韓国 母:日本)で翻訳勉強中