ミュージカル『사랑했어(サランヘッソヨ)』のあらすじ(ネタばれ)

広告

本日観てきた、イ・ホンギ出演のミュージカル『사랑했어(サランヘッソヨ)』
明日がホンギの最後の出演日なので、観に行く方も多いと思います。

韓国語がわからない方もいると思うので、私のわかる範囲でざっくりとあらすじを書いてみました!
すべてが聞き取れているわけではないので、推測している部分も一部あります。
もしかすると、少し間違えているかもしれないのですが、その点はご容赦いただけるとうれしいです!

ミュージカル『사랑했어(サランヘッソヨ)』の前半あらすじ

主人公のチュニョクは音楽留学で、ヨーロッパに来る。
汽車の駅で、ウンジュが落としていったノートをチュニョクが拾ったことで、物語は始まる。

その後、音楽学校で偶然再会した2人。チュニョクはウンジュのノートを返す。
一緒に課題に取り組むことになり、ウンジュが作詞、主人公が作曲を担当する。2人は惹かれ合う。

ただ、ウンジュはときおり黒服の男たちに追われていて、なにやら理由ありの様子。
主人公はそのことに気づいていない。

そんなある日、主人公がソウルで親しくしていた音楽仲間のキチョル(ホンギ)も現れる。
キチョルは人なっこい性格で、ウンジュとも親しくなる。

キチョルは主人公の恋を応援しようと、ウンジュのために書いた歌を、ヨンジュの家に楽譜を届けに行く。
そのときに、ウンジュが北朝鮮の出身であることを知る。

ウンジュの家で、チュニョクが書いた楽譜を見つけた追手は、チュニョクの家を訪ねて、乱闘になる。
その結果、チュニョクは腕を痛めてしまう。

そのため、チュニョクの代わりにキチョルが、チュニョクとウンジュの二人で作った曲のピアノ演奏をして、ウンジュが歌う。
その発表は評価を受けるが、その場にいられなかったチュニョクはうなだれる。

発表会後、チュニョクは、キチョルからウンジュが北朝鮮の人だと聞く。
ウンジュに会いに行ったチュニョク。
2人は気持ちを確かめ合い、仲を深める。
その頃、キチョルは自分のヨンジュへの気持ちに気づき、1人やるせない想いを抱えたまま、ソウルへと戻る。

一方、ウンジュはチュニョクの目の前で黒服の男たちに連れ去られる。

ミュージカル『사랑했어(サランヘッソヨ)』の後半あらすじ

後半は、チュニョクが下宿する主人とその恋人の結婚式から始まる。

ウンジュは、強制的に中国にある縫製工場で働かされている。
一方、チュニョクは歌手としてデビューするが、本人は歌手活動がしたいわけではない。

そんなチュニョクに対して、キチョルは申し訳なさを感じている。
(ここの理由はよくわからないのですが、恐らくキチョルの父が関係しているよう)
チュニョクはウンジュを想った歌を作り、キチョルに託す。
その歌は、韓国だけでなく中国でも人気が出る。

そして、キチョルは仕事の関係で、中国に行くことになる。
縫製工場を視察に行き、そこで働くウンジュと再会する。
キチョルは心配するが、ウンジュはもう会うことはないだろうとキチョルを突き放す。

その後、ウンジュは収容所?を脱出。
親子で脱出を図るが、父・母がおとりになり、ウンジュだけを脱出させた。
そして、ウンジュがまた黒服の男たちに捕まりそうになったところに、キチョルが登場。
「自分はウンジュの夫だ」と主張し、ウンジュを助ける。
ウンジュはキチョルを受け入れる。

ここから、プロジェクションマッピング開始。
その絵を見ると、2人は結婚して女の子をもうける。
先にキチョルが死に、ウンジュも先立ったよう。
20年の月日が流れる。
(いつのまにか死んでしまうホンギ、笑)

場面は変わり、チュニョクのマネージャーがチュニョクが学生時代に作った歌を、関係者に聞かせる。
しかし、それはキチョルがウンジュを想って作った歌だった(回想シーンでホンギ登場)

そして、チュニョクは音楽祭でウンジュそっくりの女性に出会う。
その女性は、キチョルとウンジュの娘だった。
娘は、亡きウンジュが生涯チュニョクを愛していたと告げ、ウンジュが歌詞を書いていたノート(冒頭でチュニョクが拾ったノート)を渡す。

最後に、冒頭の汽車の中のシーンが描かれる。
実は、2人は近くの席に座っていて、眠るチュニョクが落としたペンを、ウンジュが拾ってあげていた。
冒頭は、チュニョクの目線から描かれていた出会いを、ウンジュの視点から描く演出で、舞台は幕を閉じる。

広告

この記事を書いた人

池野 花

池野 花

●2019年2月、田園都市線の池尻大橋駅近くに本屋をオープンしました。
●ライター歴は会社員時代と合わせて10年ほど。2017年7月からフリーランスのライターになりました。
企業や人物を取材してインタビュー記事を書いたり、集客のためにSEOを意識したコンテンツマーケティングの記事を書いています。
●日韓ハーフ(父:韓国 母:日本)で翻訳勉強中