韓国語を習い始めて2年4ヶ月。初級から中級に!プライベートレッスンへの移行を検討中

韓国語の中級テキスト
広告

こんにちは。
日韓ハーフの池野花です。

以前、「韓国語話せる?辛い物得意?日韓ハーフが聞かれる8の質問」の記事で記載しましたが、私は日韓ハーフなのですが、韓国語を勉強中です。

日本生まれ、日本育ちで、母親は日本人で韓国語をほとんど話せなかったため、家の会話は日本語。
ハーフといえども、2カ国ペラペラだったわけではありません。

しかし、2016年4月から韓国語学校に週イチ通い始めて、最近では韓国旅行をしたときに支障ないくらいの会話はできるようになりました。

週イチの韓国語学校での使用テキストが中級になりました

韓国語学校には、週1回通っています。
80分のグループレッスンで、クラスメートは私含めて4人。
そこで使用しているテキストが4冊目に入り、ようやく中級に入りました。

ちなみに、初級で習う文法はこんな内容です。

・ハングルの読み書き、発音
・現在形
・過去形
・連体形
連体形とは、「キレイな家」、「旅行で行った場所」など、形容詞+名詞、動詞+名詞の表現を指します。
・敬語
韓国語には、日本語と同様に尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。
・基本的な接続詞
「そして」「だから」「つまり」「ところで」のような接続詞です。

グループレッスンのメリットは享受できたので、プライベートレッスンにして学ぶ速度を上げたい

これまでは、グループレッスンのメリットである、一緒に勉強する仲間がいる点に魅力を感じていました。
ただ、グループレッスンのデメリットは授業の進度が遅いこと。
授業の進度はクラスメート全員がついていけるスピードになってしまうので、最近はもっとスピードアップして勉強したいと感じています。

実は、こうしたジレンマもあって、チェッコリの翻訳スクールに参加したり、HANAの初級講座に参加したりしていました。

こうした、ほかの講座も引き続き参加していきたいですが、韓国語学習のベースとなっている週1回の韓国語学校の授業スピードを上げることが語学力アップの近道と考えて、プライベートレッスンへの切り替えを検討中です。
今まで一緒に学んできたクラスメートと離れるのはさみしいのですが、仲が良い人とは授業で顔を会わさなくても関係は続くと思っています。

それに、今までは平日夜に行っていた授業の時間を、平日昼間など自由な時間に設定ができることもよいのかなと。
そんなわけで、9月まではグループレッスンのチケットを消化し、その後はプライベートレッスンにする予定です。

プライベートレッスンで進度を早くした場合、グループレッスンよりも少し費用は上がりそうですが、費用が1.5倍で、学習スピードは2倍以上になりそう。
語学の勉強も、自分への投資なので、投資対効果をアップしていきたいなと思っています。

広告

この記事を書いた人

池野 花

池野 花

●2019年2月、田園都市線の池尻大橋駅近くに本屋開業を目指して準備中。ライター兼本屋さんになります。
●2017年7月からフリーランスのライターになりました。
(ライター歴は会社員時代と合わせて10年ほど)
企業や人物を取材してインタビュー記事を書いたり、集客のためにSEOを意識したコンテンツマーケティングの記事を書いています。
●日韓ハーフ(父:韓国 母:日本)で翻訳勉強中