うさぎの足の収納法と「マフ」

広告

こんにちは。
8年前から、うさぎを飼っている池野花です。

うちのうさぎは、「花」という名前のメスです。
ちなみに、池野花はペンネームなのですが、下の名前はうさぎの名前からきています。

うさぎって、よく丸まっています。
夏場はそうでもないのですが、冬場とか寒くなっていると、上の写真のようにモフモフしていることが多いです。

Twitterで話題になっていた、うさぎの足の収納法

私、Twitterをやっていまして、うさぎ飼いの見知らぬ方々をフォローしているのですが、こんなツイートが流れてきました。
以下の動画をクリックするとわかるのですが、うさぎが丸くなっているときは、こんな風に足をしまっているらしいんです。

えっえーーー!

なんかメカっぽい!
驚きです。

そこで、我が家のうさぎが丸くなっているところをしげしげと見たのですが、よくわからないんですよね。
今度、下からあおって観察してみたいと思います。

あまり役に立たない、うさぎの豆知識

顔の下の首あたりが襟巻を巻いているように見えるところは、通称「マフ」というらしいです。
マフラーっぽいから、マフなんだとか。メスのうさぎにしかないそう。

我が家のうさぎは8歳なので、うさぎの歳では、かなりのおばあちゃんです。
毎日ぴょんぴょん動いて餌もモリモリ食べていて、まだまだ元気なので、長生きしてほしいものです。

広告

この記事を書いた人

池野 花

池野 花

人材系企業で求人広告の取材・ライティング、SEOコンサルティング会社で大手企業のオウンドメディアのコンサル・ライティングを経験。自分の取材好きを実感し、新たな出会いや経験を求めて独立。
知的好奇心をくすぐられる人を取材して、心揺さぶられたことを言葉にするのが特技。誰かの想いがうまく伝わらないときに、自分が言葉を翻訳して意思疎通ができたときに達成感を覚える。ライター業の傍ら、本好きが高じて「言葉」をテーマにした本屋カフネブックスを渋谷の隣り池尻大橋駅にオープン。「誰もが専門家」をビジョンに、自分が興味をもった専門家を招いて公開取材するイベントを開催している。